乱れ

脂漏性皮膚炎というのは皮脂分泌の異常が原因で起こる発疹・発赤で、分泌が異常をきたす主因として性ステロイドホルモンのバランスの乱れやリボフラビンなどビタミンBコンプレックスの慢性的な欠乏等が大きいと言われています。
環状紅斑(かんじょうこうはん)というものは輪状、つまりは輪っかのようなまるい形状をした紅い発疹や薄皮が剥ける鱗屑(りんせつ)など、皮膚病の総合的な病名であり、因子は非常に多種多様だといえます。
過食、体重過量、消費カロリーの低下、不規則な生活、精神的・肉体的なストレス、老化といった複数の素因が混ざり合うと、インスリン分泌が鈍化したり、機能が悪くなったりして生活習慣病に属する2型糖尿病(ICD-10:E11)を発病することになります。
むねやけが主訴の逆流性食道炎は、食生活が欧米化したことや能動喫煙・アルコールを毎晩飲む事・肥満等の生活習慣の変化、ストレスなどによって、ここ数年日本人に多く発生している病気だといえます。
日本における結核への対策は、長年、1951年制定の「結核予防法」に準拠しておこなわれてきましたが、半世紀が経過した平成19年からは数多くある他の感染症と等しく「感染症法」という名の法律に準拠して行われる運びとなったのです。
複雑骨折によりかなり出血してしまった状態では、急激に血圧が降下して、めまいやふらつき、冷や汗、胸のムカつき、座っていても起こる気絶などの脳貧血が引き起こされるケースもあります。
ポリフェノール最大の作用はV.C.(ビタミンC)や脂溶性のビタミンEなどとは異なっていて、細胞間の水溶性の部分、脂溶性部分、ひいては細胞膜でも酸化を遅れさせる効果があるそうです。
下腹部の激痛を主訴とした主な病気には、盲腸と混同しやすい大腸憩室症、5mm〜10mm大の石ができる尿路結石症、大腸粘膜にびらんができる潰瘍性大腸炎、腹膜に炎症や穿孔が起こる急性腹膜炎、子宮の病気など、様々な部位の病気が挙がるようです。
日々繰り返される規則正しい暮らし、腹八分目の実行、適切なスポーツや体操など、一見アナログともいえる体に対する注意が皮膚のアンチエイジングにも役立つのです。
酒類に含まれるアルコールをクラッキングする効果を持つナイアシンは、不快な宿酔に効きます。ゆううつな宿酔の要因だといわれているエチルアルデヒ(アセトアルデヒド)という物質の分解に関係しています。
多機能な肝臓に脂肪やコレステロールが付いた脂肪肝(しぼうかん、fatty liver)という病気は、脳梗塞を代表とするいろんな疾病を起こす可能性があるのです。
基礎代謝量は睡眠中ではない覚醒状態で命を維持する(心臓の鼓動、鼻からの呼吸、腎臓の様々な活動、体温や筋肉の緊張の維持など)ために欠かせない最も小さいエネルギー消費量のことを指します。
「いつも時間に追われている」「上辺だけのお付き合いが苦手だ」「あらゆる先端技術や情報の進化に追いつくのが大変だ」など、ストレスがのしかかる要因はみんな異なります。
バイ菌やウィルスなど病気を発生させる微生物、即ち病原体が口から肺へ忍び入って感染してしまい、左右いずれかの肺が炎症反応を露呈している境遇を「肺炎」というのです。
毎年違うタイプが流行する季節性インフルエンザワクチンでは、膨大な研究結果から、ワクチンの予防接種効果が期待されるのは、ワクチン接種日の約2週後からおよそ150日ほどということが明らかになりました。