山林

「体脂肪率(body fat percentage)」というのは、人の身体の中の脂肪の付いているウェートで、「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)=体脂肪量(somatic fat volume)÷体重(キログラム)×100」という計算式で値を確認できます。
500以上もの働きを持つ肝臓に中世脂質や食物由来コレステロールが蓄積した脂肪肝(fatty liver)は、動脈硬化や肝硬変を代表とする色んな疾患の合併症の原因となるかもしれません。
近年患者数が増加している花粉症とは、山林のスギや檜、松などの虫によって媒介されない花粉が誘因となって、クシャミ・目の痒み・ノドの痛み・鼻みずなどの多様なアレルギー症状を引き起こす病気だということは、今や常識となりました。
1回歯の周りの骨を脆くさせるほど進んでしまった歯周病は、残念ながら炎症自体が治まったとしても、エナメル質が元の量に構築されることは無いと考えておいた方が良いでしょう。
脚気の症状としては、両手両足が痺れるような感覚があったり下肢の浮腫みなどが一般的で、発症から時間が経ってしまうと、あろうことか呼吸困難に至る心不全も連れてくる可能性があるようです。
グラスファイバー製ギプスは、丈夫で軽量なのにとても長持ちし、雨などで濡らしてしまってもふやけずに使えるというメリットがあり、現在の日本のギプスの第一選択肢となるまでに浸透しました。
2005(平成17)年2月以後全てのトクホの入れ物には「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」という注意喚起のコピーの記載が義務化している。
吐血と喀血、両方とも口から血を吐くことですが、喀血というものは喉から肺を通る気道(呼吸器の一種)から血が出る症状で、吐血の方は十二指腸よりも上部にある消化管から血が出ることを示しているのです。
ポリフェノールで最も有名な特性は水溶性であるビタミンCや脂溶性のトコフェロール(ビタミンE)違って、細胞と細胞の間の水溶性部分や脂溶性部分、更に細胞膜でも酸化を予防する作用を持っています。
基礎代謝というものは人間が横臥位でじっとしていても使用してしまうエネルギー量のことであり、半分以上を身体中の骨格筋・臓器の中で一番大きな肝臓・大量の糖質を必要とする脳が使っているということはまだ広くは知られていません。
亜鉛は、DNA(Deoxyribo Nucleic Acid)やタンパク質の合成に関係する特殊な酵素や、細胞や組織の生まれ変わりに深く関係する酵素など、約200種類以上存在する酵素を構築する成分として非常に大切なミネラル分なのです。
アミノ酸の一つであるグルタチオン(Glutathione-SH)には、細胞の機能を悪化させたり変異を招く悪質な物質を身体の内部で解毒し、肝臓の力を促進する性質が明らかになっています。
骨折したことによりひどく出血してしまった際に、急に血圧が降下して目の前が暗くなるようなめまいやふらつき、冷や汗、悪心、顔面蒼白、座っていても起こる失神などの色々な脳貧血症状があらわれるケースもよくあります。
急性中耳炎(Acute otitis media)は、一番よくある中耳炎で比較的幼い子供によくみられます。激しい耳痛や38℃以上の発熱、鼓膜の炎症、膿が出てくる耳漏(じろう)など多岐に渡る症状が起こるのです。
お薬、アルコール、化学的な食品の添加物などを特殊な酵素によって分解し、無毒化する活動を解毒と称しており、肝臓が果たす最も大切な職務の一つなのです。