適応

UV-Bは、UV-Aに比べると波長が短く、大気中に存在しているオゾン層でその一部が吸収されますが、地上まで届いたUV-B波は肌の表皮の中で細胞のデオキシリボ核酸(遺伝情報)を壊してしまうなど、皮ふに悪い影響を与えます。
流行性感冒、即ちインフルエンザに適応する予防法や医師による処置等の必須の対策そのものは、それが例え季節性インフルエンザでも新たに発見された新型インフルエンザであっても一緒なのです。
30才代で更年期になったとしたら、医学的な用語では「早発閉経(早期閉経)」という疾患のことを指します(この国の場合は40歳以下の比較的若い女の人が閉経することを「早発閉経(そうはつへいけい・POF)」と呼ぶのです)。
チェルノブイリ原子力発電所の爆発事故のその後の追跡調査の結果において、成人と比較して未成年のほうが漏れてしまった放射能の有害な影響をよく受容することが読み取れます。
急性中耳炎は、一番多い中耳炎で小さな子供に多く発症します。耐え難い耳痛や38度台の発熱、鼓膜の酷い腫れや炎症、耳漏(耳垂れ)などのありとあらゆる症状が出るのです。
塩分や脂肪の摂取過多を控えて無理のない運動に尽力するだけでなく、ストレスの少ないような毎日を続けることが狭心症を起こす動脈硬化を未然に防ぐ知恵です。
生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病は、膵臓に存在しているインスリンを分泌する働きを持つβ細胞が何らかの理由で破壊してしまうことによって、膵臓からは微々たる量のインスリンしか出なくなってしまって発病してしまう種類の糖尿病です。
AIDSというのはHIV、つまりヒト免疫不全ウイルスの感染によって起こるウイルス感染症のことで、免疫不全を引き起こして些細な病原体による日和見感染や悪性腫瘍等を複数発病する症候群のことを指し示します。
酒類に含まれるアルコールを分解する働きがあるナイアシンは、ゆううつな宿酔に大変有効です。不快な二日酔いの誘因物質だと考えられている酢酸アルデヒド(アセトアルデヒド)という化学物質の無毒化にも力を発揮しています。
体脂肪量に変化が見られず、体重が食物摂取や排尿などによって一時的に増減する時は、体重が増えたら体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)は低下し、体重が減少したら体脂肪率が高くなるのです。
ただの捻挫と決めつけて、包帯やテーピングテープで適当に固定し、様子をうかがうよりも、応急処置をしたらすぐに整形外科医に診察してもらうことが、早く快癒させる近道になるのです。
アメリカやヨーロッパ諸国では、新しい薬の特許が切れた約1ヶ月後、製薬市場の約8割がジェネリック(後発医薬品)に取って代わるような薬品もある位、ジェネリック(ジェネリック医薬品)は世界に親しまれています。
肝臓を健やかに維持するためには、肝臓の解毒する作用が低下しないようにすること、言いかえれば、肝臓を老化させない対処法をできるだけ早く実行することが必要なのです。
通常の場合骨折はしない程度の僅かな圧力でも、骨のある決まった部位だけに何度も繰り返しひっきりなしに力が加わると、骨が折れてしまうことがあるので注意しなければいけません。
虚血性心疾患の心筋梗塞は心臓の周囲を走る冠動脈の動脈硬化によって血管の内腔の直径が狭まって、血流が止まり、大事な酸素や栄養が心筋まで届かず、筋肉細胞が機能しなくなる大変恐ろしい病気です。