食物由来

ハーバード医科大学の調査データによると、普通のコーヒーと比較して1日2杯以上はノンカフェインコーヒーを代用すれば、直腸癌の発症率を半分以上減らせたのだ。
500以上もの働きを持つ肝臓に中世脂質や食物由来コレステロールが多く蓄積した脂肪肝(fatty liver)は、肝硬変や糖尿病などの色んなトラブルの原因となる可能性があります。
花粉症の病状(水っ洟、鼻づまり、連発するくしゃみなど)のために夜間よく眠れない場合、それが素因になって慢性の睡眠不足に陥り、翌日起きてからの仕事内容に思わしくない影響を及ぼすことも考えられます。
一般的には骨折はしない程度のごく弱い力でも、骨の狭いポイントに幾度も繰り返して休みなくかかってしまうことにより、骨が折れることがあるので気を付けなければいけません。
胸焼けが主訴の逆流性胃腸炎は、5日前後処方薬を飲めば、一般に8割〜9割の患者さんの自覚症状は改善しますが、イコール食道粘膜の炎症自体が治癒したわけではないようです。
紫外線を浴びると生成されるV.D.は、Caの吸収を助けるという機能で有名であり、血液中のCa濃度をコントロールして筋繊維の動き方を適切に調整したり、骨を作ります。
いんきんたむし(陰金田虫)とは、医学上では股部白癬と言い、白癬菌というカビの一種が陰嚢(いんのう)や股間、臀部などの部分に何らかの理由でうつり、棲みつく感染症であり水虫のことなのです。
体を動かすのに必要なエネルギー源としてすぐに使われる糖、細胞の新陳代謝に必須の蛋白質など、激しいダイエットではこんな体を維持するために必ず要る重要な栄養分までも減らしてしまっている。
ピリドキシンは、かの有名なアミノ酸をクエン酸回路と呼ばれているエネルギーの代謝に必要となる回路に導入するために更に化学分解するのを支える働きもあると言われています。
触れあいなどで、人間が猫をとても愛おしく感じることによって「優しさのホルモン」とも呼ばれるオキトキシンが多く分泌され、結果としてストレスを軽減したり癒やしに繋がっているといわれています。
アメリカやヨーロッパにおいては、新薬の特許が切れた約1ヶ月後には、製薬市場の約8割が後発医薬品(こうはついやくひん、ジェネリック)に替わるクスリもある位、後発医薬品(こうはついやくひん、ジェネリック)は各国で親しまれています。
暴飲暴食、体重過量、運動不足、遺伝、精神的なストレス、高齢化といった多様な因子が融合すると、インスリン分泌が鈍くなったり、機能が鈍化したりして血糖値が高くなる2型糖尿病に罹患します。
年齢を重ねることによる難聴においては段々聴力が低くなっていきますが、大半の人は60歳くらいまでは聴力の衰退をはっきりと認識できないのです。
平成17年2月より新たにトクホ(特保)の外観に「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」といった注意喚起の一文を表記すること義務化している。
チェルノブイリ原子力発電所の事故の数十年に及ぶ被害者の追跡調査のデータをみると、大人に比べると若い子どものほうが拡散した放射能の悪影響をより受容しやすいことがわかっているのです。